header.gif vision-yoga vision-yoga maternity

2008年09月30日

子育て講座:「学校に行きたくない!」と言われたとき・・・

今日は、子育ての話です(^^)

私だって、いつも優等生の母親というわけではありませんですが、
今日はたまたまうまくいったので、ご紹介します。


**********

なかなか起きてこない子どもに、
「もうそろそろ起きよっか〜?」とやさしく声をかけました。

すると、
「ママ、学校に行きたくない。」と。

普通だったら、感情的になって怒りたいところですが、

今日は、
「学校行きたくないの? どうして?」
とやさしく聞いてみると、
「勉強つまんない。」と。

「でも、小学校の勉強は、中学校や大学よりずっと大事だよ。」
「勉強したくなかったら、もう学校いくのやめようか?」など、話していると、

「あんまりよく眠れなかったから、力がでない。もっと寝たい。」ということでした。
「じゃあ、今日1日家で寝てる? 今日学校で習うことは、明日やらないといけないよ。」
「体育のときに、力がでない。」と。
「じゃあ、先生にそう言ってみたら。」
「でも、だめ(やりなさい)って言われたら?」
「じゃあ、力出さないでやるしかない。」
など、二人で心地よいふとんの中にもぐっていろいろ話していました。
その間、抱っこのような感じで身体に触れてみたりしながら。

そのうち、
「じゃあ、遅れて行ってもいい?」
「でも、ママは送っていかないよ。ひとりで学校に行くんだよ。」
「わかった。」

しばらくすると、自分からふとんを出て着替えにいき、朝食を食べて出かけていきました。

集団登校の出発時間に5分遅れて出ましたが、待っていてくれたようで、なんとかみんなと一緒に登校することができました(ほっ)。

**********

今日の勝因(笑)は、

子どもを叱ったり、強制的に言わなかった(感情的にならなかった)こと。
ふとんの中で心地よく触れ合いながら(触育)、子どもの言うことを否定せずに、「そうしたら、こうなるよ、こうだよ」と、やさしく話ができたこと。

でしょうか。


子どもとの言葉の駆け引き、難しいけれど、とっても大事だと思います。感情的にならずに相手の言うことをまずは受け入れてあげること、なかなか難しいけれど、やっていくうちに、親も学んでいくことがたくさんあります。だんだん上達していきます。修行ですね。

そして、心地よくしてあげることも大事。ぐずっているとき、疲れたとき、たくさん触ってあげると、身体が心地よくなって、やる気がでてくるようです。

posted by 中町 at 09:23| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

ビジョンリーディングを受けました!

先日の満月の夜に、2回目のビジョンリーディングを受けました。


 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

「ビジョンリーディング」というのは・・・
あなたの内なる声をあなたの中から読みとってそれをお伝えするというもので、どうしたら、あなたがもっとイキイキとバースビジョンの沿った生き方ができるか、そのためにあなたに今必要な情報を伝えてくれます。
詳しく知りたいかたは、http://www.la-sophia.co.jp/vision/ をご参照ください。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


私の1回目のビジョンリーディングでは、私自身のバースビジョンのキーワード、そして、どのようなところに気をつけて生活していくとうまくいくのか、などを伝えていただきました。
今まで気にしていたこと、いろんなことに手を出している自分の活動(ヨガ、英語塾、他)をまとめてすっきりさせたほうがいいのではないか、と思っていたことが、そうする必要がないこと、やりたいことをどんどんやっていっていいんだよ、ということ。私は、計画をたてて、そのとおりにことを運ぶ必要はなくて、ふと浮かんだことをどんどんやっていくことで、毎日たくさんのことができるようになると。
私に最適なの思考パターン、というか、やりかたって、やっぱりそうだったんだ、とすごく納得してしまいました。

私自身から、私自身のためのアドバイスなので、自分にしか当てはまらない、自分に最適なことを教えてもらえます。今まで、いろんな本を読んで、こうしたらいい、と思っていても、なんとなくしっくりいかないな、なんていう経験のあるかたも多いと思いますが、それは、あくまで一般論だったのです! 私の場合はこうしたほうがうまくいく、楽しくなる!という自分を一番よく知っている自分からのメッセージが聞けるのです。

今回、2回目のリーディングは、ますます具体的に、自分の思い描いていることがどうしたら実現するのか、その最適な方法、実現への道をしっかりと教えていただいた感じです。これから、自分のしたいことが実現するスピードが(今まで以上に)、思考で考えると、焦ってしまうくらいすごいらしいので、あまり考えないようにしたいと思っています。
(それくらい、すごいメッセージなのです!)


 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ということで、自分は何をしたらうまくいくのだろう? 人生を最大限に有効に使いたい! 自分のバースビジョンって何? どうしたらスムーズに実現させることができるの? etc. そんな方には、ぜひお勧めします。

ビジョンリーディングをすぐ受けたい! という方、10月の京都での枠、まだ若干空いていますので、中町(nakamachi@nakamachi.com あるいは、090−5672−5092)までお問い合わせください。
posted by 中町 at 08:57| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

かゆみを一瞬で消す方法!

かゆみが一瞬で消える方法!

なんて、そんなマジックみたいなこと、あると思いますか?

それが、あるんですよ。いや、私自身はまだ経験していないので、あるらしい、といったほうがいいのかもわかりませんが・・・

最近、親しくさせていただいている一橋アシラム(寺子屋お産塾のほうが有名かも?)の田中先生に教えていただいた方法です。

(1)とがったもの(例えば、つまようじとか)の先に火をつけて消します。
(2)(もし、気になるようなら、一度自分の皮膚に、火が消えたところの先端を当てて温度を確認してから)痛いところ(患部)の周りを、チョンチョンチョンと火が消えた先端の部分で軽く触って、患部を一周させます。

これだけで、かゆみが消えるらしいのです。

英語教室の最中にかゆい〜!といっぱいかいていた男の子と、
かゆがっていたうちの息子に試してみました。

チョンチョンと一周終わった瞬間に、「どう?」と聞くと、
「かゆくない」と言うのです。
本当に(だまされてるんちゃうん?っていうくらい)不思議に、
一瞬でかゆみがなくなるようなのです。
本当に、これは、マジックです(笑)。

他の人に試しては、ほんとに〜っ!? と今だ半信半疑の私ですが、
彼らがふざけて言っているようには見えないし、
その後かゆそうにしてないし、どうやら本当のようです。
今度、蚊にさされてかゆくなったら、絶対に試してみよう!と思っています。

薬も何もいらない、副作用もなにもない、
火と先が尖ったもの(金属でもいいらしいです)があったらできる
お手軽なかゆみ対処法、今年の夏、ぜひ、やってみてください。
ハチ刺されなどにもいいらしいですよ。
posted by 中町 at 01:52| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

満月の光を浴びて感じたこと

満月は願望達成のパワーを持っているといいます。

今日は満月。お月様をじーっと見つめながら手を合わせていました。

そして、感じたのは、お月様がパワーを送ってくれているのではないのでは?ということ。

私とお月様のお互いのパワーが同調していく、そんな不思議な思い(感覚)を感じました。

お互いが響き合っている、お互いが影響を与えて、そして受けている。

お月様だけでなく、きっと、太陽も、自然も、人間同士も、きっと身の回りにある物とも、そんな響き合いがあるのではないかな? と思いました。

だから、自分の心と身体の繊細な部分までしっかりとゆるめていくことができると、やさしい、あるいは心や身体の本来持っている自然な響きを取り戻し始めて、それがまわりにも心地よい響き合いを始めるのでは? と。

そんな本来の自分の響きを思い出させてくれるのが、ビジョンヨガなんだろうな、と。

そして、そんな心地よい響きを取り戻し始めた人同士が繋がって心地よく響き合ったのが、感動でいっぱいのいたきも認定会でした。自然に相手の気持ちに同調していて、なぜか涙が出てしまう、そんなシーンでいっぱいでした。

こんな人と人との繋がりがもっと大きな輪になって繋がっていくイメージをお月様に送ってみました。(こんなんどう?って)

ビジョンヨガが、その心地よさが、自然に広がって、世の中の空気が「競争」から「共生」に身体の奥から変わっていく。

世界が平和になりますように。と祈るには、まず、自分の中が平和でなければいけないから、自分の身体と心をじっくりと感じ、見つめ、その幸せをじっくりと味わおう。

身体も心も解放し、ゆるめ、身体と心の心地よさを身体いっぱいに感じ、味わう。
それができるのが、ビジョンヨガなのだ、と思います。

実は、世界平和なんてどうでもいい(わけないけど)。
まずは、自分の平和を取り戻そう! ビジョンヨガで。

こんなん、どうでしょう?
ちょっとマニアックすぎますか?
posted by 中町 at 22:09| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

自分と向き合う時間を大切に

岡野さんの講演会を聞いて、お友達に吉村先生の講演会をご紹介してくださった方よりメールをいただきました。

 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

まずは、2月にはとても素敵な講演会にお誘いいただいてありがとうございました。私は独身でもちろん出産の経験もないですが、今の生活に当てはめて考えられる部分も多くあったし、また早く出産という一大イベントを経験したくなりました。

3月の吉村先生の講演会にもぜひ参加したかったのですが、残念ながら都合がつきませんでした。また機会があればぜひ声をかけてください。

その3月の講演会を私の和歌山の大親友に紹介したところ、当日寄せていただいたようです。が、妊婦さんで体調が悪く、始まってまもなく席をはずすことになったようですが、ご親切に色々介抱していただいたようで、ありがとうございました。
親友からすぐに連絡をもらい、中町先生に感謝の気持ちを伝えてほしいとのことでしたが、ご連絡が今日になってしまいました。すみません。
お忙しい中、親身にお世話いただき、ありがとうございました。いつもビジョンヨガや先生との出会いの話をしておりましたので、なんだか私までうれしくなりました。

最近、シゴトの忙しさを理由になかなか自分の時間を持てずにいます。自分の時間が持てない、持とうとしていない、というのが事実かもしれません。自分と向き合う時間はやはり必要ですよね。今一度、生活を振り返り時間の使い道を考えたいと思います。

私にこうやって考えるキッカケを与えてくださる先生に感謝します。ありがとうございます。

先生も前にも増してお忙しそうですが、お体大切になさってくださいね。
では取り急ぎお礼まで…

 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

すてきなメールにこちらこそ感謝です。

自分と向き合う時間・・・本当に大切ですよね。
ヨガの中で自分の身体と心の声に耳を傾ける時間、正中線呼吸法をして心をからっぽにして、自分の中からの声を感じること、それが、とっても大切のようです。

毎日忙しく目の前のことに追われていたりすると、とても充実している気分になることもあるかもしれませんが、本当の充実感は、自分を見つめることから始まるのではないでしょうか?

自分自身も忙しくして、本当の充実感を見失いかけていたときにいただいたメッセージに、はっとしました。

みなさんからいただく、気づきに感謝です。
posted by 中町 at 00:00| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

京都の岡野さん講演会 満員御礼

本日(2月23日)、無事京都での岡野さんの講演会が終了しました!

90名の定員をオーバーする勢いの大盛況で、岡野さんからも
「こんなにたくさんの方に聞いていただけるなんてうれしいです。」という
コメントもいただき、講演会が始まりました。

小さなお子さま連れの方達も多かったので、多少気が散ってうるさいな、というところもあったかもしれません。お許しくださいませ。

ですが、それをはるかに越える岡野さんご自身の体験から感じた言葉というのは、
本当に心に響いて帰っていただけたかと思います。
岡野さんが妊婦さんたちの自然出産を目の前に感じたことを素直に伝えてくださる、その言葉は、妊婦さんだけでなく、男性や子どもさんまで、それぞれの立場で感慨深いものがあったのではと思います。

そして、今回の講演会を開催するにあたって、ご協力くださったみなさまには本当に感謝いたします。このご縁が、さらに今後すてきな形で発展していきますように。

次は、3月9日、大阪で吉村先生の講演会があります。
岡野さんに輪をかけて、本当に、人生観が変わってしまうくらいすごい講演会です。
私が初めて吉村先生の講演会に行った時は、その後、確か1週間くらい、頭の中がクラクラしていたような、それくらい強烈でした(笑)。

まだまだ空きはありますので、ぜひ、早めにご予約くださいね。
詳細は、ビジョンヨガのホームページ
http://www.la-sophia.co.jp/vision-yoga/ にあります。

私も息子と一緒に行きます(主人がイギリスに行っていないので・・・)。
みなさまとお会いできるのを楽しみにしています。
posted by 中町 at 00:23| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

2月23日岡野さん講演会

2月23日の岡野眞規代さん講演会まであと2週間ちょっととなりました。

そこで、去年の9月2日に大阪のドーンセンターで開催された
「岡野眞規代さん講演会」を聞いた方たちの感想を以下に紹介します。

行こうかなぁ?と思っているかた、お友達やご主人にどう言って誘おうかなと思っているかた、ぜひ、参考にしてみてください。


=============================

とても素敵なお話を聞かせて頂き有り難うございました。
人間の生命力の強さ、本来あるべき姿を感じました。
この講演会を聴き、これからの出産、ひいては自分の人生について
どうしてゆきたいかを考えるきっかけを頂きました。
結婚が決まり、女として好きな人の子を出産したいと思っていましたが、
出産だけではなく、それ以外のことについても
沢山の希望、夢、想いが増えました。本当に有り難うございます。
(20代 女性)

今日は本当に貴重なお話を聞かせていただき、有り難うございました。
私自身はまだ独身ですが、今、このお話を聞けて
とてもラッキーだったと思います。まさに目からウロコ、、、です。
スライドのお母さん、赤ちゃんが本当に輝いた目で美しく写っているのが
印象的で人間本来の美しさを見せて頂いた気がします。
将来、私もぜひ命の輝きを体験出来るお産を体験してみたいと思います。
本当に有り難うございました。 (30代 女性)

人間も自然の一部なのに、今では自分も含め
とてもキツキツに型にはめられたり、自分からはまって安心したり。
すごく不自然ですよね。
女性として産まれたからには絶対に出産したいと思います。
出来れば自然分娩で。
想像を超える母と子の愛に感動させていただく時間になりました。
とても素晴らしいお仕事をされている岡野さんたちを尊敬しました。
(20代 女性)

誕生日は頑張って産道を通り抜けた自分の記念日であると同時に
自分を命がけで産んでくれたお母さんの記念日でもあるのだと感じまし
た。
これからの誕生日は、母親(父親)への感謝もしてゆこうと思う。
今日の講演会は私にとってとても有意義であり、出席してよかったです。
(30代 男性)

お産や親子、いのちについて感じ、考えるよい機会になったと思います。
しっかりと自分の生命を感じ、どう向き合っていこうかなど、
普段の自分は「まあええか」と思うことが多いのですが、
大事にしたい事を大事にすることをしてゆきたいと思います。
自分と子供としっかりイキイキと生きたいと思っていたので、
お産についての考えや大切な事を今回聞けて本当によかったです。
(20代 男性)

現在妊娠10ヶ月ですが、未だに逆子が直らず悩んでいました。
今日、岡野さんのお話を聞かせて頂き、ひとつの光というか、
解決への道、これは私の心にとってのことですが、見いだせた気がしま
す。
助産院ではなく病院での出産予定なので、
どうしても医療の介入が必要になってしまうのは
避けられないことだと感じていますが、恐れず
病院の先生にもお話したいと思います。
今日は素敵な機会を頂き本当に有り難うございました。
(20代 女性)
posted by 中町 at 14:44| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

あなたとの出会いに感謝!

今日、みやこめっせ(京都市勧業館)で行われた「子ども・子育ていきいきフェア」というイベントに行ってきました。

子育て支援関連の企業、サークルなどがブースをだしていたり、フリーマーケット、子どもの遊びコーナーなどいろんなものがあってとてもにぎやかなイベントでした。

私は、子どもを連れて子どもも楽しんでもらって、私自身は自分の情報収集と2月23日の岡野さんの講演会のちらしを配りにと思ったのですが、小学1年生の子どもは私についていくよりも、お友達の家に行くほうがいいということで (ToT) 1人で行ってきました(その分、身軽にいろんなところに行けたのでそれはそれでよかったのですが・・・)。

妊婦さん、お母さんのためのマタニティヨガをしている私と同じような目的を持って活動しているひと(団体の代表の方など)にお会いしていろいろ日頃の想いなどを話したり、今後お互いに協力しあうことができたら・・・なんていう話をしてきした。

京都に来て2年、いいお産がしたい、という妊婦さんの身体作りのお手伝いができればとか、子育てでたいへんなお父さん、お母さんの心と身体ほぐしのお手伝いができればとなんとかひとりで頑張ってきて、それなりに形になってきたとは思うのですが、今年からはもっといろんなひとと繋がって、協力しあってやっていきたいな、という気持ちでいます。

そしてそれが、私のところにくる妊婦さん、お母さんへのより良い情報提供にも繋がっていくことになると思います。

そんな想いで、いろんな方とすてきな出会いができ、とてもうれしい1日でした。
そんな方々にお会いできたこと、それだけでも本当にうれしいことなのですが、そんな方々から、
「今日、あなたに出会えて本当によかった。感謝です。」
と言われて、もっともっとうれしくなって感謝の気持ちでいっぱいになりました。

今年は、いろんなひとに出会って、それぞれの方の持っているいいところをお互いに引き出しあったり、協力しあったりして、みんなで元気になっていく、そんな年にしたいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。

今日出会ったかたと今後いろんな形でコラボができると思いますので、またみなさんにもお伝えしていきますね。

ということで、まずは、ベビースリング講座のご案内をします。
ベビースリング講座、今日も横でちらっと見ていたのですが、私が思っていたのとはちょっと違った使い方で、「あれ? もしかして、時々スリングをしているのを見かける人って間違った使い方をしているのかな?」と講習会(スリンパ)代表の小倉幸さんに聞いたら、「そうなんですよ〜。大半の方は間違って使っています。」とのこと。ぜひ、講習会で正しい、安全な使い方を学んできてくださいね。

☆ SLINPA(スリンパ) ベビースリング講座 ☆

日時:1月17日(木) 10:30〜12:30
場所:ひと・まち交流館 京都 児童室
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

参加費:500円(抱き方、作り方のオリジナル資料付き)

内容:ベビースリングの使い方講習、アドバイス
   ベビースリングの作り方相談、参加者同士の交流

参加申込み、詳細は、http://slinpa.xrea.jp/ をご覧ください。
申込みは上記からできない方のみメールで nakamachi@nakamachi.com まで
名前、住所、赤ちゃんの月齢、スリング使用暦、スリングの種類を書いてメールください。

posted by 中町 at 23:53| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

〜人生を変えるお産とは〜

いのちの輝き
〜人生を変えるお産とは〜

というタイトルで、吉村医院・お産の家の元婦長 岡野眞規代さんの講演会を京都で行います(岡野さんのプロフィールは下記をご参照ください)。

人生が変わってしまうようなお産ってどんなもの?
そして、どうしたらそんな感動的なお産ができるの?

お産は、痛いもの、怖いものというイメージを持った方が多いようですが、
いい出産は、怖いどころか、最高に感動する瞬間だと思います。

そして、そんなお産は、特別なひとしかできないわけではありません。

感動のお産と、そのお産に関わるひと達が変わっていく瞬間の話。

これから妊娠・出産を控えている方やそのご家族のみなさん、
命の素晴らしさについて思い出したいという方、
思春期のお子さまからお父さん、おじいちゃんまで、
お母さんのお腹から生まれたひと全てに聞いてもらいたい
感動で涙したり、心を振るわせながら聞ける、そんなすてきなお話です。

ぜひ、ご家族、お友達をお誘い合わせのうえ、いらしてください。


 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 

 日時   2008年2月23日(土)
         14:30 OPEN 
         15:00 START 

 会場   キャンパスプラザ京都 2Fホール
 定員   90名

 参加費  前売り         2,000円
      カップルor夫婦ペア券  3,500円
      親子ペア券        3,000円
      (小学生以上高校生以下)

      当日  いずれも+500円

 申し込み・問い合わせは ビジョンヨガ京都 中町敦子へ
 TEL    090−5672−5092
 e-mail  nakamachi@nakamachi.com


※会場内にプレイスペースを用意しております。
 お子様同伴でお気軽にお越しください。(未就学児無料)
     
※講演会終了後に岡野さんを囲んでの懇親会を開く予定です。
 参加ご希望の方は、ご予約時にお申込みください
 (参加費1,000円)

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆           


・・・岡野眞規代さんプロフィール・・・

 1975年 大阪市立助産婦学院卒業
       その後、いくつもの病院勤務を経て、
 1993年 吉村医院長・吉村正先生の講演を聴き、お産を文化的な
       「いのちの営み」として捉える哲学と信念に衝撃を受ける
 1999年 吉村医院・お産の家の婦長として5年間勤務

  そこで自然なお産に立ち会う中で、これまでお産を科学的現象としてだけ
  捉えていたことに気づく。
 
 2004年 北海道へ移住。

  現代、当たり前でなくなってしまった自然なお産が、
 人の人生全体にわたって大きな意味を持ち、人が本来持つ力のすごさと
  内側に宿る神々しさをお産の中に取り戻すことが
 いかに大事かを伝えている。

  現在、天使大学大学院助産研究科の実習指導員として
  働きながら講演活動をしている。
  将来、北海道に「お産のいえ」を建設予定。
posted by 中町 at 23:25| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

あけましておめでとうございます

080101a.jpg


本日の朝の、ベランダからの初日の出です。

日の出の時間7時05分頃には、曇で山際だけがほのかに光っていたのですが、お日さまが全体的に出たところで、きれいに全体の顔を見せてくれました。

やっぱり、日の出っていいですね〜。
本当は、山に登って、その上から見るともっと爽快なんだろうなぁと思いながらも、ベランダから見えるという贅沢さもありかな、と。

初日の出からたっぷりのパワーをもらって、今年は、わくわくすることをたくさんできるかなぁ?

昨年は、おかげさまで、忙しいけれど充実した1年を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。
今年は、いろんな楽しいことをみなさんと一緒にできたらなぁと目論んでいます(笑)(詳しくはまた別の機会に)。どうぞよろしくお願いいたします。

今年1年がみなさまにとってすてきな年でありますように。

平成20年 元旦
posted by 中町 at 18:48| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

ぎっくり腰・・・

ある日突然腰が痛くなって・・・と思ったらぎっくり腰の一歩手前の状態になっていた主人。

腰のあたりをゆるめるヨガやタッチセラピー、その他いろいろやってあげて、普通よりも(多分)驚異的な早さで回復に向かっています。

私がインストラクターになるときに、モニターで1、2回(?)しかヨガをしてなかった主人が、
「これからは一緒にヨガする!」と言ってはりきっています。

災難転じて・・・って感じでしょうか。

夫婦なんでちょっとテレもあって(しかもスペイン語なので)、
私自身ちょっとふざけてしまうのですが、それでも
「すごい、効いている!」と。
毎日ちょっとずつ寝る前にふたりでヨガをするのが日課になりそうかも。

みなさんも夫婦で一緒にヨガいかがですか?
日曜日のこどもみらい館での親子ヨガに、ぜひご家族でいらしてください。

身体もほぐれて元気になり、ぐっすり眠れますし、夫婦の楽しいコミュニケーションの時間にもなりますよ。
posted by 中町 at 00:30| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

真砂さんコンサート報告その2♪

昨日、真砂さんのコンサートにご夫婦で行かれた妊婦さんが、ヨガにいらしたときに、感想を聞かせてくださいました。


まず、真砂さんについて・・・
「仙人のような方ですね」と、特にご主人がそう思われたようです。

確かに、真砂さんって、人間離れをした(!?)やさしさ、暖かさを持っていますよね。そして、そんな真砂さんだから、ひとを気持ち良く癒してくれる音楽を奏でることができるんでしょうね。


そして、コンサートの感想は・・・
とっても心地よい音楽でした。(主人と)赤ちゃんと一緒に楽しめました。
最後の「環」という曲のときに、ボーン、と真砂さんが太鼓をならす度に、赤ちゃんがすぐその後にお腹を「ポンッ」って蹴って反応してましたよ。

わ〜、すごいですね。(反応がいいというか)
お腹の赤ちゃんもとっても気に入ってくれたようですね。嬉しくて、音に反応したんでしょうね。今からこうやって気持ちいい音楽をたくさん聞かせてあげたら、心も身体もすくすく育つことでしょう。そして、将来はリズム感のいいミュージシャン? なんてね。
それと、お腹の中で聞いた音楽は赤ちゃんの気持ちを落ち着かせる効果があると言われています。続けて聞かせてあげれば、生まれてからもちょっとぐずったときなどに聞かせると、すーっと眠ってしまうかもしれませんよ。ぜひ、続けて聞かせてあげてくださいね。

と、そんな会話をしてきました。

みなさん、妊婦さんには、心地よい音楽を聞かせてあげましょうね!
(いえ、小さなお子さんからお年寄りまで誰もが同じことですけど)
posted by 中町 at 00:42| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

♪真砂さんコンサート at ちおん舎♪ よかったです

masagoconcert07a

masagoconcert07b  masagoconcert07c


 さっき、真砂さんのコンサートから帰って来ました。
とってもすてきな和風のお家の中で、生で聞く真砂さんのフルートの音、遠藤さんのギターの音は身体と心に響いてすてきでした。
ミナルさんの舞いも、まるで巫女さんのような、天使のような、そんな目に見えない何かを感じて踊っているんだろうな、という美しい舞いでした。

 始まって2、3曲目くらいから、となりの人が鼻水をグズグズしていたので、「ああ、あそこの扉が開いていて外の空気が入ってくるから寒いんだろうな」と思って見ると、なんと、感極まって泣いていたのでした。心で音を受け止めて感動していたのですね。私はまだまだそこまで感情が入っていませんでしたが、しっかりと身体と心で受け止めて、じわーっっと音に共鳴していくような心地よさの中に浸っていました。

 今まで一緒に連れてきても会場の外で子守りの方に相手をしてもらっていた息子も、1年生になったので、おとなしく座って聞いてくれると期待して今回は一緒に聞かせました。始まる前は多少はしゃいでいて、展示してある写真をバシバシ撮っていました(下の写真2枚は息子が撮影しました)。コンサートが始まって、ほぼずっとおとなしく聞いていてくれたことはくれたのですが、途中真砂さんが言葉につまると、「それってこういうこと?」と言ってみたり、ギターの遠藤さんを紹介すると、「自分の名前も言ったらどうなの?」と言ったり(一番前だったし、会場が静かだったのでみなさんによく聞こえていたようです)して(あちゃ〜!)、真砂さんがうまくノッて反応してくれて笑えるシーンとなったからよかったものの、隣の母はちょっとハラハラものでした(多分、クラスでもこんな感じで先生にチャチャ入れているんだろうなぁ・・・)。

途中休憩のときは、ミナルさんに連れられて、真砂さんのいる控え室に入ってしまい、「ギターとか、気に入った。」とか何とか言っているところを、「へんなこと言ったりしてすいませんでした。」と謝ってきました。真砂さんたちは、「いえ、いいですよ。楽しかったです。」と言ってくれて少しホッとしましたが。

とにかく、こんなハプニングもありましたが、とってもいい雰囲気の中、すてきなコンサートを楽しんできました。
明日大阪に行かれる方は、ぜひ、お楽しみに!

そして、真砂さんの「観音」といううわさのCD、明日以降のヨガのセッションで使いたいと思います。お楽しみに! ちょっと買いだめしたので、欲しい方はぜひ、おっしゃってください。
posted by 中町 at 00:11| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

奈良の妊婦流産

救急患者を受け入れる病院がなかなか見つからず、搬送先病院に到着したのが通報から3時間後、胎児が死亡してしまった事件について。

とても悲しい事件ですね。
妊娠は病気ではない、とは言うものの、妊娠したら元気な赤ちゃんが自然に産まれるというわけではないことを改めて思います。

二度と不幸な事件が起こらないようにするための医療体制作りに自治体が早急に取り組んでほしいものです。
一方で、自治体、医療機関に任せるだけでなく、妊婦さんは日頃の体調管理など、自分から積極的にいいお産にむけての身体や環境作りなどをしていく必要もあると思います。

今、産科医不足が問題になっていて、産む病院を見つけるのが難しい状況だと言われています。また、助産院も提携してくれる病院を見つけるのが難しく助産院の存続も難しいとのこと。
妊娠、出産を取り囲む状況は、複雑になってきています。

産科医が少ない、なり手があまりいない、という状況には、普通にお産ができる妊婦さんが少なくなって、リスクの多いお産が増えて来ているというのも原因のひとつでは、と思います。

昔は、女性は自宅で自然な出産をしていました。
女性の本来持っている産む力が弱くなってきているのには、今の生活の全てがからんでいると思います(あまり動かなくても良い環境、電磁波づけの生活、添加物だらけの飽食、etc.)。
ですから、今、自然に産もうと思ったら、それなりの努力が必要になります。

食事に気をつけて、適度に運動をして、(ストレスのない)心地よい環境を作るなど、自分で積極的にいいお産をしよう! と思わないと難しいのでは? と思います。

マタニティヨガは、いいお産をするための身体作り、そして、ストレスのない心地よい環境作り(身体と心のストレスの解放)のお手伝いをします。

ひとりでも多くの妊婦さんが、安産のための自分の身体作り、そして、自分と赤ちゃんの力を信じて産めるように、意識的に環境を整えていって、元気な赤ちゃんを産んで欲しいと思います。

マタニティヨガを通じて、いいお産のためにはどうしたらいいか、私の知識と経験をぜひみなさんへお伝えしていきたいと思っています。
posted by 中町 at 00:46| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

夏休み、しっかり遊びましょう!

京都は、先週くらいから、本格的に暑い日が続いています。

全国でも、熱中症など、かなりの暑さに被害者まででています。
みなさんも気を付けてくださいね。

私事ですが、今日から、来週の日曜日までお休みします。
海やプール、田舎の自然の中で涼んで身体も心もリフレッシュしてきます。

そして、9月からはいよいよ
「親と子のタッチセラピー講座」&「親子ヨガ」平日コースを衣笠で開催します。

開催日程は、
9月5日(水)午前10時〜 より、衣笠 三省塾にて。

10時〜11時 タッチセラピー講座 5回シリーズ 第1回目
11時〜12時 親子ヨガ

どちらも参加される場合は、3000円
タッチセラピー講座のみは、2000円
親子ヨガのみは、1500円(回数券5回、10回あり)になります。

お問い合わせ、お申し込みお待ちしています。
お返事は8月20日以降になりますが、ご了承ください。

詳細については、また後日再度ご案内するつもりです。

それでは、これからバケーションに行ってきます!
みなさまも楽しい夏休みを!
posted by 中町 at 11:37| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

逆子になったとき

「先生! 先日の検診で、逆子って言われたんです〜。」とある妊婦さん。

赤ちゃんが何か居心地が悪いと、それを伝えるために逆子になる、と言われています。

具体的には、身体の冷え、緊張、ストレスといった身体的なもの、または、お母さん(妊婦さん)の人間関係など、赤ちゃんが生まれるのにいい環境じゃないと思ったとき、赤ちゃんが「お母さん、なんとかして!」と訴えていることもあります。

ヨガのポーズでも逆子にいいポーズがいくつかあります。
また、ヨガのポーズをしながら赤ちゃんに意識を向けて、逆子の原因、または、赤ちゃんが訴えていること、いやだと思っていることは何かを聞いてみると答えを受け取りやすくなるようです。

以前には、「何が逆子の原因だと思いますか?」と聞くと、
「何でも段取りをまず考えて、それがうまくいかないといらいらする性格」で、最近もご主人とけんかをしたことが原因かも? という妊婦さんがいました。

「そんなお母さんだったら、赤ちゃんは生まれてから大変ですよね。赤ちゃんだって、苦労するでしょうね〜。」
「性格を直すのは大変だと思うけど、こんなくせがあると気付いて、変えていこうと思うところからしてみたらどうですか?」など、お伝えしたところ、
ヨガの翌日に、
「今日、検診で逆子が直っていました! 昨日の先生の話でいろいろ考えるところがあって、その変化に赤ちゃんが気付いてくれたんだと思います!」という喜びと驚きのメッセージをいただきました。

今日の妊婦さんは、最初は「特にストレスもないし、なんだろう?」と本人もおっしゃっていましたし、確かにそのように見えたので、私も何が原因なのか全くわからなかったのですが、ヨガのセッション終了直後に、
「そういえば、あまりに暑かったので、氷で身体を冷やしたりしていました。それが原因かもしれません。」とおっしゃっていました。
「あららら、それはいけませんね〜。赤ちゃん、冷たかったかもしれませんね〜。」

ヨガの最中に赤ちゃんからのメッセージを感じ取ったのでしょう。

「もう最近は氷を入れた飲み物も飲まないようにしていますし、大丈夫だと思います。」とのこと。
きっともう逆子は直っているでしょう。

本当に、赤ちゃんとお母さんって、心も身体も繋がっているんですね。こんなすてきな体験が、赤ちゃんが生まれてからのいい子育てにも繋がっていきます。
posted by 中町 at 01:00| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

いのちの輝き 赤ちゃんは光そのもの

ちょっと先の話になりますが、

9月2日(日)午後2時より、大阪のドーンセンターでビジョンヨガ推進本部主催のお産についての講演会が開催されます。

タイトルは、「いのちの輝き 赤ちゃんは光そのもの」

講師を勤めるのは、
今回は残念ながら私ではなく(笑)、とてもすばらしい方です。

なんと、自然分娩で有名な愛知県岡崎市の吉村医院で5年間、助産師長として勤め、そしてこれまで3000人の命を取り上げてきた岡野眞規代さんです。

「自然なお産」についての感動的な体験談、感動的な映像を見ていただけます。

1人の人間が、女性の身体の中で、
10ヶ月かかって卵から赤ちゃんへと成長し、そして誕生する神秘。
それだけでも、妊娠、出産(誕生)って、感動的で神秘的ですよね。

じゃあ、自然なお産だったら、どんな感じ?
自然なお産をすることで、
赤ちゃんが、お母さんが、家族が、どう変化するの?

自然なお産が、どんなに感動的で、愛に満ち溢れているの?

そんなすてきなお話を聞かせていただけます。
はっきり言って、感動して泣けます。

自然なお産に興味のあるかただけでなく、
これから赤ちゃんを産もうとしているすべての女性に
または、すでにお子さんをお持ちの方も
もういちどご自分の出産体験の神秘を振り返って感じていただくために
あるいは、思春期のお子さんに生命について感じていただきたいという方に

ぜひぜひ、お誘い合わせのうえ、いらしてください!
絶対に、聞いて良かった!と思えます。
(関西風に言うと、「絶対、損はさせません!」というところでしょうか?)


日時 2007年 9月2日(日)
   13時30分開場 14時開演 16時終了予定
会場 ドーンセンター(大阪府立女性総合センター)
   5階 特別会議室
http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html

・京阪「天満橋」駅下車。東口方面の改札から地下通路を通って
1番出口より東へ350m。
・地下鉄谷町線「天満橋」駅下車。1番出口より東へ350m。
・JR東西線「大阪城北詰」駅下車。

前売り2500円 当日3000円
前売り親子特別価格2名3500円(小学生以上高校生以下)
当日親子特別価格2名4000円(小学生以上高校生以下)

定員は、90名となっています。
お申込みのご連絡は、私、中町敦子( nakamachi@nakamachi.com )までご連絡ください。
一緒に、お産のすばらしい感動を味わいましょう!


 ● 講師:岡野眞規代プロフィール ●
1975年 大阪市立助産婦学院卒業。その後いくつもの病院勤務を経て、1993年 に吉村医院長、吉村正先生の講演を聴き、お産を文化的な『いのちの営み』として捉える哲学と信念に衝撃を受け、1999年 7月から吉村医院・お産の家の婦長として5年間勤務。
そこで自然なお産に立ち会う中で、これまでお産を科学的現象としてだけ捉えていたことに気付く。 
2004年 北海道へ移住し、現代、当たり前ではなくなってしまった自然なお産が、人の人生全体にわたって大きな意味を持ち、人が本来持つ力のすごさと、内側に宿る神々しさをお産の中に取り戻すことがいかに大事かを伝えている。
現在、天使大学大学院助産研究科の実習指導教員として働きながら講演活動をしている。
posted by 中町 at 00:19| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

「いたきも認定会」に行ってきました!

5月1日から5月3日の3日間、ビジョンヨガインストラクター認定会、通称「いたきも認定会」が淡路島で行われました。今回は裏方として、そして再受講ということで参加してきました。

私が参加したのはもう3年前になるんですね。
年に1回開催される、5月のこの認定会でビジョンヨガについての知識を学んだり、先輩のヨガの誘導を受けたり、そしてオーディションでは、実際に先輩方の前で受講者がヨガの誘導をして、自分の誘導のコメントをもらいながら誘導技術を学びつつ、オーディションでOKがでれば晴れてビジョンヨガのインストラクターに認定されるというものです。

ビジョンヨガの「いたきも(痛くて気持ちがいい)」を学ぶこと、そして先輩方からの「いたきも」コメントをいただいて成長していけることから「いたきも認定会」と言っています。

受講者として参加した3年前はもうドキドキ、知識を詰め込んで頭を緊張させ、ヨガの誘導をみんなの前でするのに心を緊張させ、いろんな「いたきも」コメントをもらい、学ぶことはもちろんたくさんありましたが、もう緊張の連続、ガチガチでした。

今回は、今回の受講者を前に前回の自分を思い出して、初心に戻ってみたり、また、前回の立場とは全く逆の裏方の立場で現役インストラクターと協力しあいながら認定会を進めていく楽しさを味わってきました。
今回参加したインストラクターたちには、自分達でビジョンヨガを作っていくんだ、そして後輩達を育てていくんだという気持ち、そしてそのチームワークの土台ができたように思います。

そして何より、自分のヨガの誘導技術の再確認の場でもあったわけですが、基本に戻って再確認ができただけでなく、前回だったらきっとわからなかったような、ビジョンヨガの奥深さを心と身体の本当に奥深いところで感じ取ってきた、という感じです。その嬉しさ、感動が今でも私の身体をじんわりと包んでいるような感じです。

ということで、ビジョンヨガインストラクターとして、ひとりの人間として、パワーアップしてきましたので、また、私のヨガ(一般向け、マタニティ、親子などなど)、受けにきてくださいね〜!

そして、私もビジョンヨガインストラクターに仲間入りしたい!という方は、お近くのインストラクターに声をかけて詳細をご確認ください。

来年は、5月16日(金)から5月18日(日)の3日間です。
みなさんと楽しく学べることを今から楽しみにしています。
posted by 中町 at 10:29| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

久しぶりの再会!

私がマタニティヨガのクラスを始めた頃から通ってくださっていた方(5カ月くらい?)に久しぶりに再会しました。

出産後も身体を動かしたいと思って他のヨガの体験レッスンなども受けてみたけど、やっぱり先生のヨガ(ビジョンヨガ)がいいなぁと思って・・・と言って、西院近くのアルネス京彩のレッスンに来てくださいました。

そうおっしゃって通ってくださる方がいるって、とってもうれしいですね。

産後は、体型や子育てのストレスなどがヨガをする目的になるでしょうか。いつでも、身体と心をいい状態にキープしておくためにヨガでリラックスして、心も身体もすっきりさせましょうね。
posted by 中町 at 00:23| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

タッチセラピーの効果!

先日風邪をひいてから、ちょっとのどと鼻の調子が悪かったので、どうしたものだろうといろいろ悩んで、鼻にタッチセラピーをしたり、温シップをしたりしたら、1日でかなり改善されました。

もともと小さい頃から鼻が悪くて、アレルギー性鼻炎と診断されたこともありました。卵、牛乳をなるべく摂らないようにしてかなり改善されましたが、季節の変わり目やちょっと身体が冷えると、すぐ鼻にきていました。最近はそれほど気にしていなかったのですが、やっぱりまだ鼻が弱点だったのですね。

1週間くらい長く続いていた不快な症状は、タッチセラピー(今回は鼻すじの横に手を当てたり、目鼻全体に手を当ててしばらくぼーっとしているだけ)や鼻への温シップをしていたら、鼻詰まりはほとんどなくなりました。本当にシンプルな方法なのに、すごい効果です!

簡単なことなのに、知っていたのに、そういえば自分でしてなかった!と感じた最近のことのひとつです。
知識として知っているだけでは十分じゃない、自分で体験して感動することって本当に大切なことだなぁと改めて実感しました。

しばらく鼻のタッチセラピーを続けて、しっかり鼻をケアしていこうと思っています。

みなさんにも少しずつタッチセラピーについて紹介していきたいと思っています。

まずは母と子のタッチセラピー講座を開きますので(残念ながら対象は2カ月から3才までのお子さまとそのお母さんのみですが)、ぜひ、体験してみてくださいね。
posted by 中町 at 01:23| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。