header.gif vision-yoga vision-yoga maternity

2008年11月05日

お産の家 吉村医院に行ってきました

愛知県岡崎市にある、自然出産の第一人者といわれている吉村正先生の吉村医院に行ってきました。

午前中は、スタッフの方に、院内の案内をしていただき、その後で、古屋でまき割りをしました。

初めてのまき割りの体験・・・なかなか難しいので、最初は大変でしたが、慣れてくると面白い!!! 結構ハマります。 身体感覚が研ぎ澄まされていく感じがしました。
妊婦さんだけにさせるのはもったいない! 子ども(小学生くらいからならできるかな?)にも必要な感覚だと感じました。

そして古屋で労働体験をしていた方たちも、すてきな方ばかりでした。
あの池川明先生の池川クリニックの助産師さんもお2人いらっしゃいました。夫婦でご参加の方も、いらっしゃいました。いいですね〜。

そして、気持ちのいい労働をした後は、おいしいお食事!
まきでくべて、かまどで炊いたごはん、味噌汁、煮物・・・。
おいしかったです。
釜にこびりついていたおこげまでしっかりいただきました(笑)。

午後2時からは両親学級。
妊婦さんやそのご主人、15組くらいでしょうか・・・。
そして、妊婦さんじゃない方や、助産師学校の学生など、たくさんいらしていました。総勢60名くらいだったそうです。

最初にきくちさかえさんが、最近の産科の状況、他の病院との違いなどの話、次に、島袋伸子さんが、女性性をしっかりと意識して、女性の幸せを感じる、女であることを喜ぶことが大事だというすてきな話をしてくださいました。

その後で、いよいよ吉村先生が登場し、今日いらした方の自己紹介を中心に、そして、自己紹介に先生がコメントするような形で、進んでいきました。ひとりひとりの妊婦さんに、「あなたのそのような感情的なところが、いい。あなたは絶対いいお産をするから」と励ますようにおっしゃっていました。

頭を使わないこと、精神的にいい状態でいることがとても大切なこと、不安や緊張が、お産の道を緊張させるんだ、とおっしゃっていました。

あとは、自然が女性にだけ与えた力、女性の本能の力を使って産むお産がどれだけすばらしいか、母親になることが幸せを感じる女性になって欲しい、とおっしゃっていました。

そして、私のところにも自己紹介の順番がまわってきて・・・
マタニティヨガをしながら、吉村先生のおっしゃっていることを妊婦さんに伝えています、そして、お産は最高のエクスタシーだと妊婦さんに言ってもらえるようなお産をしてもらえた、ということ、そして、まき割り体験で感じたこと、京都にもお産の家を作りたい、先生のことを世界にも紹介したい、など、おっきな夢まで語ってきました (^^;
先生の言葉が、私にもエネルギーを与えてくれたのでしょうか。

そういう人が最近増えてきてうれしい、あなたとは、ぜひ、一緒にやっていきましょう! とまで、吉村先生にはおっしゃっていただきました。(^^V

先生の熱い想いをたくさん聞かせていただき、エネルギーをいただき、そして、これからも、吉村先生の想いをたくさんの方に伝えていきたい! そして、もっともっとたくさんの妊婦さんにいいお産を体験してもらいたい! と強く思って帰ってきました(そのための計画もいろいろとたてていますので、また、みなさま、ご協力くださいね!)。

一緒に行った京都の助産師さんたちも、職場は違っても、妊婦さんには、自然ないいお産をできるだけしてもらいたいと思っている気持ちは一緒なんだと強く感じ、ぜひ、京都でもお産の家を作りましょうね!などなど、語りながら帰ってきました。

そこで、ひとつ。
幸せなお産をたくさんの人に伝えていくためにも、「幸せなお産は日本を変える」という吉村正先生の本を、ぜひ、妊婦さんは出産前に買ってください! あれは、以前にもコメントしましたが、先生の想いが全てつまっているようなすばらしい本です! これ1冊で、いいお産への心構えができると私は思っています。まず、これを読んでから出産を迎えることにしましょう! そして、本当に幸せなお産をして、あなたの人生を、日本を変えていきましょう!

最後に、吉村医院でお世話になりましたスタッフのみなさま、そして今日出会ったすてきなみなさまのひとりひとりに感謝します。
すばらしい一日をありがとうございました。
posted by 中町 at 00:22| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。